着物の種類とレンタル着物店の選び方を学ぶ

種類とお店選び

婦人

着物の種類を知ろう

着物には種類があり、それを理解して着こなさなくては恥ずかしい思いをすることがあります。例えば、大切な相手と話し合う場面でカジュアルな雰囲気の着物を着てしまうと失礼になってしまうでしょう。着物を着る場面に合わせられるように種類を把握しておきましょう。

きちんとした場所で使われる6種類

冠婚葬祭でも使うことができるようきちんとした着物は6種類程あります。
・【黒留袖】既婚している女性の第一正装。袖や背中、胸元や袖前などの部分に家紋が入ることがある。
・【留袖】既婚や未婚に関係なく着ることができ、家紋が入っている場合は黒留袖と同様第一正装になる。
・【振り袖】未婚女性の第一正装になっているもの。成人式の使われることが多く、清める意味がある。
・【訪問着】気軽に着られるもの。お茶会や挨拶、フォーマルな場面に使われ、模様が1つの絵になっている。
・【付け下げ】訪問着よりもカジュアルでシンプルに作られたもの。
・【色無地】柄が入っていない着物で、入学式や卒業式に好まれる。

町を歩くときはよりカジュアルが人気

京都などにあるレンタル着物店でよく扱われているのは江戸小紋や小紋といった着物です。江戸小紋は遠くからだと無地に見えますが、細かい柄が入っている着物です。また、小紋というのは着物全体に模様が繰り返すように描かれているもののことです。

レンタル着物店を選ぶときに気になることランキング

no.1

やっぱり価格やプランが大事!

レンタル着物の料金プランはとても様々なものがあります。その中でもシンプルなプランであれば約3千円くらいからになるでしょう。さらに、写真撮影が一緒になったフォトプランやヘアセット込みのプラン、旅行で便利なお食事付きのプランもあります。自分が使いたいプランがあるか、相場料金とどれだけ差が少ないのかを意識しましょう。

no.2

実店舗があるのかどうか確認する

実店舗がある場合は着付けをしてもらえるという大きなメリットがあります。また、着物に詳しいスタッフと相談をしながら自分に合う着物を選ぶこともできるのです。不安な点があってもすぐに店員さんに確認することができるので安心できるでしょう。

no.3

扱っている着物の種類をチェック!

着物にはいくつかの種類があるので、たくさんの種類を取り扱っているかどうかしっかりと確認しておきましょう。観光で町を歩くという場合は江戸小紋や小紋といったカジュアルに着ることが出来る着物が使われるでしょう。その種類の着物をどれだけ用意しているのか確認します。店舗によって100点から数千点と扱っている数が変わります。

no.4

着物以外のオプションサービスの有無

着物やそれに付随する小物をレンタル着物店では借りきます。しかし、それ以外にも便利なサービスを用意している場合があります。例えば、持ち込みの着物を着付けしてくれるサービス、観光している間に荷物を預かってくれるサービス、荷物をそのままホテルや宿泊先に届けてくれるサービスなどがあります。

no.5

汚してしまった場合の保障について

着物をレンタルしている間に汚してしまうとどういった対処が必要になるのか確認しておきましょう。泥はねや食べこぼしのように、町を歩いていて仕方なくついてしまった汚れの場合は、そのまま洗わずに返却をしても構わないでしょう。大きなキズや油性ペンでの落書きのような修復が難しい汚れの場合は買取りになることもあります。